DOCTYPE


DOCTYPE宣言とは、そのページがどのバージョンの HTML で、どの仕様に従って作られているかのを、 ブラウザ に伝えるためのものです。 (これはタグではありません)
このDOCTYPE宣言は、ページの一番最初 (HTMLタグよりも前) に記述します。
URLを含めるかどうかにより、ブラウザ側の 「標準モード」と「互換モード」 の切り替えが行われます。

【HTML4.01】

Strict

HTML4.01のルールに厳密かつ正確に従う指定です。
非推奨の要素属性 は使うことができません。
要素の位置も決まってます。
また、フレームも使用することができません
URLを含めた指定(標準モード)

Mail⇒

URLを省いた指定(置換モード)

Mail⇒

Transitional

Strictより緩やかな指定(フレームは不可)
非推奨の要素や属性が使用できますが、フレームは使用することができません。
URLを含めた指定(標準モード)

Mail⇒

URLを省いた指定(置換モード)

Mail⇒

Frameset

Transitionalにフレームを加えた指定 URLを含めた指定(標準モード)

Mail⇒

URLを省いた指定(置換モード)

Mail⇒

■標準モードの説明

W3C が標準化した最も厳格な表示モードです。文法ミスは無視されます。

■互換モードの説明

過去のバージョンと互換性のある表示モードです。文法ミスはある程度許容され、 ブラウザ が勝手に解釈して表示してくれます。

※解釈の違い

標準モードと互換モードとでは表示のされ方も違ってきます。 (例えば文字サイズやパディングなど)

[振り出しに戻る]
skth.net -