html関連用語説明


HTML(XHTML)

HTML(XHTML)とは、W3C が仕様策定を行ってるWebページなどを構成する為のマークアップ言語です。
HTMLはSGMLという言語からWebブラウザーメーカー主導で開発された言語で、 XHTMLはHTMLをXMLに準拠したHTML4.01をもとに開発された言語です。
現在、XHTMLは文書の見栄えを指定する要素(タグ)が 廃止されCSSで 装飾するように勧められている。
各ページ構成

要素

要素とは、<p> から </p> の部分を「タグ」といい、 このタグに囲まれた内容とタグそのものを合わせた全体を 「要素」といいます。

属性・属性値

属性とは、
<a href="http://skth.net/" >Sweet-Kiss</a>
属性…href=""
href の部分が属性名
値(属性値)
http://skth.net/
引用符の中がになります。
XHTMLでは属性値を必ず 『"』(ダブルクォーテーション)で囲まなければなりません。

空要素

空要素とは、
開始タグと終了タグを必要としない要素です。
例えば改行(br)や水平線(hr)や画像(img)などの場合、 要素の内容を持たないので終了タグは必要ありません。
このような要素を「空要素」といいます。
XHTMLでは空要素にも終了タグを入れなければなりません。
<br />
<img src="http://…" />
このように、閉じタグ『>』の前に『 』(半角スペース)と『/』(スラッシュ) を入れて使います。
また、
<hr></hr>
としても良いですが、効率が良くないのでお勧めしません。
【間違った使用例】
<a name="hoge" id="hoge" />
当サイトでも使っていますが、このように、空要素ではない
要素に 使うとlintで減点されます。

置換インライン要素

置換インライン要素とは、
インライン要素の中に、 「置換インライン」というタイプの要素が存在します。
通常、インライン要素は横幅と高さを持ちませんが、 この置換インライン要素は横幅(width)と高さ(height)を持ちます。
img要素textarea などがこのタイプに当てはまります。

ブロック要素

ブロック要素とは、
タグで囲った部分をブロック化します。
要素の前後には自動的に改行が入ります。
一部のブロック要素(h1〜h6、p、address)では、 その中に別のブロック要素を入れることはできません。
XHTMLではbody内のテキストは必ず <p>などのブロックタグで囲まなければなりません。
凡庸ブロックタグ

インライン要素

インライン要素とは、
文章中の一部として扱われる要素で、例えば
リンク(a)フォント(font)やスパン(span) などがこのタイプの要素になります。
インライン要素の前後には改行は入りません。

非推奨要素と属性

HTML4.01では、いくつかの要素や属性が非推奨とされています。
例えばフォント
(font)や センタリング(center)などの要素も非推奨要素に含まれます。
XHTML1.0では属性alignなどが非推奨属性です。
非推奨ですが反映されます。

絶対URLと相対URL

■絶対URL
http:// から始まる指定方法です。
別サイトにリンクする場合などは、この方法で指定します。
http://skth.net/
■相対URL
現在のページを基準とした相対的な指定方法です。
サイト内のページへリンクする場合などは、この方法で指定します。
絶対URLでも指定できますが、相対URLを使うと文字数を減らせます。
【1つ上のディレクトリー
<a href="./">…
【2つ上のディレクトリー
<a href="../">…

[振り出しに戻る]
© - skth.net -